慢性疲労の治療方法は以下の通りです。 ・薬理療法 ・非薬理療法 まず、慢性疲労の治療法は未だに確立されていないというのが現状です。 しかし、上記の治療法を行うことで症状を改善することはできます。 薬理療法とは疲労感を改善したり、免疫力を向上させるために抗うつ剤や抗不安剤を使用する治療方法です。 ただし、これらの薬には副作用があるので、用量用法にはくれぐれも注意してください。 自己判断で薬の量を変えたり、服用をやめてしまわないようにしましょう。 必ず医師の指示に従うようにしてください。 非薬理療法とは抗うつ剤などの薬を使用せずに慢性疲労を治す治療方法です。 使用するのは主にサプリメントやナチュラルホルモンといったものです。 体質を改善して慢性疲労を治すという考えなので副作用の心配が少なく、安全性が高い治療方法だといえます。 この薬理療法と非薬理療法のどちらかを用いて、慢性疲労の治療を行いますが、症状や担当医によってどれを使用するのかは変わると思ってください。